防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

地震前兆百科:陸上の動物:鯨偶蹄目:イノシシ

f:id:nmomose:20180405132925j:plain


イノシシ(猪・豬)は、鯨偶蹄目イノシシ科の一種だ。
犬と同じくらい鼻が非常に敏感で、神経質な動物だという。
日本では、ニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種が分布する。

【目次】

 

阪神・淡路大震災(1995)

阪神・淡路大震災の「前兆証言1519!」では、イノシシに関する詳細の報告が2件ほどある。
神戸市の六甲山中腹に住む人の報告だが、春先などに時々子連れのイノシシが山から降りて来ていた。
前年の暮れ頃からは、イノシシが頻繁に出没するようになった。


隣の地域では、スーパーで買った食料の包をイノシシに奪われる事故も起きていた。
自宅や隣近所の家では、庭のフリージアやユリの球根が根こそぎ掘られて食べられたこともあった。このようなことは、20年来はじめての体験だった。


前年暮れの押し迫ったある夜には、夫婦で散歩に出かけたところ、2匹のイノシシが路上で道を塞ぐように寝ていた。声を出して脅しても逃げず、しばらく睨み合いが続いたが、根負けして、別の道を迂回したという。
その後も3日に一度ほど夜にイノシシが現れたようで、あちこちで新たに掘り返されていた。
地震の後も近隣の人がイノシシを見かけていたが、2回目の余震の後は、近所にイノシシが来た様子はなくなった。


f:id:nmomose:20170416173055j:plain


同じ神戸市で、地震の前日の夕方に、街中の駅前にイノシシが現れたという報告がある。場所は東灘区のJR東海道本線の摂津本山駅で、その北側には六甲山がある。
交通量も人通りも多いところだが、そこで大きなイノシシがゴミを漁っていたという。

東日本大震災(2011)

東日本大震災が発生した2011年3月11日の朝に、千葉県でイノシシを見たというブログ記事を見つけた。
場所は君津市にある久留里1000年の森て、7時半頃に公園に着くと、イノシシが目の前に現れ、何か地面の中から探し出す動作して歩き回っていた。
体重は150キロくらいある大物で、イノシシが昼間に出没するのは珍しいと書いてある。


イノシシは房総半島南部を中心に広く分布しており、房総丘陵では、ここ数年イノシシによる被害が急増しているという。

鳥取県中部地震(2014)

鳥取県で10月中旬にイノシシ出没が相次いでいたという。
場所は、皆生温泉旅館街近くの皆生海岸。


2016年10月21日14時7分ごろ、鳥取県中部地震(M6.6)が発生した。
震源の深さは11km、最大震度6弱を鳥取県の倉吉市、湯梨浜町、北栄町で観測した。


下記のマップを見てわかるように、出没地の皆生海岸は、10/21の鳥取県中部地震の震源に近い。
下記の地元の人のブログによると、この地に40年近く住んでいるが、イノシシが出没したなど初めて聞いたという。


f:id:nmomose:20161030201254j:plain
 

長野県神城断層地震(2014)

2014/11/22に長野県北部で発生した長野県神城断層地震(M6.7、最大震度6弱)の前には、さまざまな動物前兆現象が見られた。
この秋には、以下の地域でイノシシが出没していた。
長野県佐久市、新潟県小千谷市、富山県氷見市、諏訪市、相模原市、埼玉県(東松山市、坂戸市)、群馬県(前橋市、高崎市、太田市)、栃木県真岡市、奥飛騨温泉郷、千葉県大網白里市、あきる野市、福生市などで、調べれば、まだまだあるだろう。


これらのケースは、約1ヶ月前だったが、震源からの距離を考慮すると、特に諏訪市のケースは地震前兆の可能性が高いと思われる。

まとめ

イノシシの行動をまとめると、大地震の数週間~1日前に山から里に出没し、人が持つ食料を奪ったり、庭の植物が根こそぎ掘られ食べられたり、街中でゴミを漁ったりする。
ただし、それらすべてが地震前兆であるわけではなく、その地域で地震が起きないときにも頻繁にイノシシが出没するようであれば、その要因も検討しなければならない。
また、イノシシに限らず、エサとなる植物が不作だったりすれば、普段は山や森に生息する動物たちが人里に現れることも珍しくはない。

【参考文献】

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)




ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:大阪東部観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email