防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

【地震】2018年09月06日03:07 胆振地方中東部 M6.7 最大震度7(6強より訂正)の地震発生

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180906060502j:plain


【国内地震発生情報】
2018年9月6日3時7分、胆振(いぷり)地方中東部を震源とするM6.7、最大震度7の地震が発生した。
当初は最大震度6強と発表されたが、その後に最大震度7と訂正された。

胆振地方中東部M6.7

地震の詳細は以下の通り。

発生時刻 2018年9月6日 3時8分頃
震源地 胆振地方中東部
最大震度 震度7
位置 緯度 北緯 42.7度
経度 東経 142.0度
震源 マグニチュード M6.7
深さ 約40km

気象庁より

以下は気象庁発表の情報。

この地震による津波の心配はありません。
 揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてください。
 地震発生後1週間程度、最大震度6強程度の地震に注意してください。特に、地震発生後2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあります。


この地震については、探求三昧ブログで詳細を書いています。
www.tankyu3.com


ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:大阪東部観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email