防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

【地震】2018年6月26日17:00 広島県北部M4.9、最大震度4~ラドン濃度とリシルさんの体感

f:id:nmomose:20180626200158j:plain


【国内地震発生情報】
今日2018年6月26日17時0分、広島県北部を震源とするM4.9、最大震度4の地震が発生した。
広島のラドン濃度グラフで前兆が出ていたので、そういう意味では想定内だったが、想定外のことも。

広島県北部M4.9

発生時刻:2018年6月26日 17時0分頃
震源地:広島県北部
最大震度:震度4
緯度:北緯 34.9度
経度:東経132.9度
震源:マグニチュード M4.9
深さ:約10km

ラドン濃度

広島観測点のラドン濃度が、下記のように、6/24夜にピークに達した後で下降を始めた。
その後6/25夜頃からデータが欠損しているが、傾向はこれでわかるだろう。


f:id:nmomose:20180626201344p:plain


6/18の大阪北部M6.1の地震が起きて以降、大阪東部に加えて広島でも影響が出ていたかもしれず、グラフは見ていたが、また大阪の余震だろうと思ってしまった。
また今朝は7時7分に島根県東部でM3.6 、最大震度2の地震もあったので、それが現れたのかとも思った。

リシルさん

リシルさんの体感については、探求三昧ブログで他の地震とまとめて書くことにする。


ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:大阪東部観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email