防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

【地震】1/24茨城県沖M4.3等、青森県東方沖M6.2最大震度4~「スーパーブラッドムーン」警戒期間入りか

今日未明以降に、茨城県沖でM3~4クラスが3連発で起きた。
その後、夜になって2018年1月24日 19時51分に、青森県東方沖M6.2、最大震度4の地震が発生した。
1月31日には「スーパーブラッドムーン」つまりスーパームーン+皆既月食があり、経験上その前後1週間くらいは世界で大きな地震・火山噴火に要注意な期間に入る。


f:id:nmomose:20180124211900j:plain
 

茨城県沖M4.3・M3.2・M4.1の3連発

今日の茨城県沖の地震は、以下の通り。

  • 2018年1月24日2時32分:茨城県沖、M4.3、最大震度3
  • 2018年1月24日3時21分:茨城県沖、M3.2、最大震度2
  • 2018年1月24日13時25分:茨城県沖、M4.1、最大震度2


これがハムスターカウンター値や私の頭痛・耳鳴り体感の結果だったのかと思ったが、それだけではなかった。

青森県東方沖M6.2、最大震度4

帰宅した直後頃に、青森県東方沖でM6.2、最大震度4の大きな地震が発生した。
M6クラスは、もちろん日本では今年初めてになる。

発生時刻:2018年1月24日 19時51分頃
震源地:青森県東方沖
最大震度:震度4
緯度:北緯 41.0度
経度:東経 142.5度
震源:マグニチュード M6.2
深さ:約30km

 

「環太平洋時計回りの法則」ではないパターン

昨日、アラスカ湾でM7.9の地震が発生したことは、下記の「防災三昧」ブログの方で書いた。


この地震が発生した時に、私のLINEグループ『百瀬直也WORKS』のメンバーから、今回は時計回りの法則で、日本を飛ばしてアラスカで揺れたということかと質問された。
そうではなく、今回は時計回りパターンに当てはまらないものだと思うと答えておいた。
つまり、リング・オブ・ファイアで大地震が頻発している今、日本でも大きめが来ない理由はないと思ったためだ。


…と思っていたところへ、今夜の青森県東方沖M6.2の地震が起きた。
今年に入ってから環太平洋で起きた主なM6・M7クラスの地震を結ぶと、下記のマップのようになる。
f:id:nmomose:20180124214235j:plain


1/14のチリ沖(ペルー国境付近)以降は、逆の「反時計回り」と言えるだろうが、変則的なパターンだ。
普通ならば、バヌアツとかニュージーランドとか、南太平洋で大きな地震が起きてから次第に北上してきて、ついに日本も揺れるというパターンが非常に多い。
今回は、どちらかというとリング・オブ・ファイアの北半分が活発なようだ。

1/31「スーパーブラッドムーン」に何が起こるか?

昨日のアラスカ湾M7.9や青森県東方沖M6.2などは、1月31日の「スーパーブラッドムーン」の影響下に入ったということかもしれない。


「スーパーブルーブラッドムーン」とも呼ばれているが、地震に関しては「ブルームーン」は何の関係もない。
ブルームーンとは、単に同じ月に満月が2回訪れることをそう呼んでいる。
知らない人は、「月が青く見えるの?」と思うだろう。
(私も以前はそう思っていた)
まったく紛らわしい呼称だ。


今後、1/31の1週間後、2/7前後までは、国内外で大きな地震や火山噴火に注意した方が良いだろう。

しろ子の運動量

ジャンガリアンハムスターのしろ子の運動量が1/18から急増したことは、前述の昨日の防災三昧ブログで書いた。
これは、今日の茨城県沖の前兆とするには弱いだろうと思っていた。
ちょうどそこへ、青森県東方沖M6.2が起きた。


だが、ではこれの前兆だったのかというと、これまた微妙だ。
というのも、規模的にはその可能性があっても、何分東京から距離が遠いので。
明日以降のカウンター値も含めて、しばらく様子を見てみることにしたい。

私の頭痛・耳鳴り体感

私の頭痛・耳鳴り体感についても、上記の昨日の防災三昧の記事で書いた。
自分の体感が、青森県のM6クラスの地震に対応するかどうかは、まだ疑問がある。
これまでの経験では、福島県や宮城県あたりまでのM6クラスならば、可能性としてありそうだとやっと思えるようになってきた。


こういうことは、そのくらいの慎重さがないと、とんでもないことになる。
どう、とんでもないかというと、そんなに遠くの地震まで「体感」する人がいるならば、その人は日本という地震大国では、ほぼ年中「寝たきり」になっているのではないかと思うのだ。
(そういう人も知っているが)


というわけで、私の体感もうやむやになってしまうが、もうしばらくは様子を見てみることにしたい。

1/31は150年ぶりのスーパーブルーブラッドムーン

「スーパーブルーブラッドムーン」となるのは、なんと150年ぶりになるそうだ。
もっとも、前述のように「ブルー」は何の意味もないので、この話題は(「ブルー」の部分は)スルーする。


正直いって、「スーパームーン」と「ブラッドムーン」が同時に起こると、一体なにが起こるかわからない。
時間ができたら、過去の大地震のケースを洗い出してみたい。


というわけで、今後2週間くらいは、大きい地震に注意してください。
昨日噴火した草津白根山も、その間は注意が必要でしょう。

今日の地震予知まとめ情報

以下に、日々の地震予知・地震前兆関係の内容を記します。

今日のばけたん点滅

2018/01/24

20時台 赤1 青0
21時台 赤1 青0
23時台 赤2 青0

他の時間帯にもピカピカ点滅していたが、忙しくて記録する暇がなかった。

今日の体感

今日も午後から頭痛が始まり、15時半頃に頭痛薬を飲んだ。
コーヒーも飲んで、なんとか収まった。
「頭痛~る」を見ると、昼頃は「警戒」期間に入っていた。


そう言えば、昨日まで数日間、酷い耳鳴りが続いていた。
それが、今は弱くなっていた。
やはり、青森県東方沖か、または近場の茨城県の地震の体感だったのだろうか。


ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:大阪東部観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email