防災三昧web & blog - 地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト/ブログ。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・前兆・防災情報 - MENUクリックでメインメニュー

HOME MENU LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

リアルタイム地震前兆データ

スポンサード リンク

リアルタイム地震前兆データ。地震前兆情報を提供する「宏観レンジャー」プロジェクトの一環として、最新の地震前兆データをまとめたページです。
地震発生情報関連のデータは下記『リアルタイム地震情報データ』のページでまとめています。

■目次■

 

ブログ『探求三昧』『防災三昧』最新記事

現在の月齢と月齢カレンダー

現在の月齢と今月の月齢カレンダーを表示します。


fxwill.com
参考:月齢の値(Moon Age)
0.0前後:新月
7.4前後:上弦
14.8前後:満月
22.1前後:下弦

Today's Moon phase

 

ヴィクトル・ボコフ博士(ロシア)の地震予測マップ

ロシアINTERNATIONAL CENTER OF GEOPHYSICAL FORECASTのヴィクトル・ボコル博士による、24時間・48時間前の地震予測マップです。太陽の磁場変化と高気圧→低気圧の変化によって予測します。

マークの色:青=M3~5、緑=M5~6、紫=M6~7、赤=M7超

◎24時間前の予測:画像クリックで最大化(スマホ版では拡大可)



◎48時間前の予測:画像クリックで最大化(スマホ版では拡大可)






 

世界のリアルタイムTECマップ(NASA

5分毎に更新される静止画版です。 赤い部分が最もTEC値(電離圏の全電子数)が高く、地震に要注意です。但し日中は高くなる等の傾向があるため、地震との関連を判断するには日々の観測が必要です。

NASA (USA) グローバルTECマップ http://web.matrix.jp/trimble-min/
 

日本の準リアルタイムTECマップ(NICT

最新6時間のアニメ画像です。 赤い部分が最もTEC値(電離圏の全電子数)が高くなります。

NICT GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ http://seg-web.nict.go.jp/GPS/QR_GEONET/
 

日本国内の電離層観測データ:イオノグラム

NICT-情報通信研究機構による日本国内の電離層観測データ『イオノグラム』です。
稚内(北海道)、国分寺(東京都)、山川(鹿児島県)、沖縄の4観測所同時表示画像を表示しています。
地震発生の前に、グラフにノイズが入ることがあると言われています。

総合判定シグナル

「静」でない時には何らかの異常を示す。
→正相(P)/負相(N)・電離層嵐(Storm)
→突発性電離層擾乱/冬季異常(SID/WA)
→スポラディックE層(Es)
※詳細はNICTシグナル表示ページを参照してください。
 

行徳地震前兆観測プロジェクト:リアルタイムグラフ

行徳地震前兆観測プロジェクトのFM電波観測データをSCさんがグラフ化しているものです。
●千葉香取観測点(過去1日)

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC http://earthq.system-canvas.com/

RadGraphの大気中ラドン濃度グラフ

PC版では、『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』サイトの札幌・市川・広島観測地点の過去1週間のグラフを表示させていただいています。モバイル版では技術的問題があり表示していないため、元サイトへ移動してください。100Km以内でM5以上の地震発生時はグラフ上で規模を表示します。

各グラフは、本サイトのフッター(最下部)に常時表示しています。その他の観測点データは元サイトを参照してください。

 

海水温図(海上保安庁

毎日9:30頃に更新。

【表面水温図】

海水表面の水温を示す地図。



こちらのページに、最近30日間の変化をアニメーション化した画像があります。↓
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/animation/temp_anim.html


 

【表面水温偏差図】

海水表面の水温の日毎の変化を示す地図。



こちらのページに、最近30日間の変化をアニメーション化した画像があります。↓
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/animation/diff_anim.html


スポンサード リンク



衛星画像

気象庁気象衛星画像

「大気重力波」や「さざなみ雲」の観測用に。 撮影日時は画像左下に。
拡大して見るには画像を別タブ/ウインドウ上で開くか、またはダウンロードしてください。

気象庁 | 気象衛星
 

高知大学気象衛星画像

高知大学「気象情報頁」より、「日本付近可視画像」と「日本付近赤外画像」の最新版を表示しています。

◎「日本付近可視画像」



 

◎日本付近赤外画像



 
 

リアルタイム地震情報データへ

www.bosai3.com
 

【注意事項など】

◎百瀬直也が主宰する宏観現象共有プロジェクト「宏観レンジャー」のページはこちらです。過去ログはtwilogの方が見やすいです。
■宏観レンジャー(Twitterhttps://twitter.com/kokanranger
■宏観レンジャー(twilog) http://twilog.org/kokanranger
百瀬の個人アカウントでも、様々な地震関連情報を自動で流しています。
■百瀬直也(Twitterhttps://twitter.com/noya_momose
■百瀬直也(twilog) http://twilog.org/noya_momose
◎リアルタイムに更新される画像は、内容が日々変わっていくため、現時点でのデータを残しておきたい場合は、ローカルPCやスマホに画像を保存してください。
スマホなどでは端末を横置きにすると画像が見やすくなります。
◎リアルタイムに更新される画像があるので、最新の情報を見るには、ブラウザでページを再読み込みしてください。
◎UTとある時刻は正標準時で、プラス9時間すると日本時間になります。




ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.