防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

【地震前兆百科】動物分類:陸上の動物たち

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20170603205941j:plain


1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の報告をまとめた「前兆証言1519!」では、分類された1,711事例のうち、「獣類」が324ケースで全体の19%となっている。
獣類の中で更に動物の種類により多い順に並べると、以下のようになる。
イヌ(35%)、ネズミ(25%)、ネコ(25%)の3種類が際立っており、他にイタチ(3%)、モグラ・ウサギ・ハムスター・リス(各2%)イノシシ・イルカ(各1%)、その他(2%)。

ネズミ目(げっ歯目)

『前兆証言1519!』で、獣類の報告のうち80件(25%)と多いネズミ他の動物。

ネズミ

集団で消えたり現れたり、天井裏で騒ぐ。

ハムスター

仲間ゲンカの果に命を落とす。

リス

カゴの中で落ち着かず仲間ゲンカする。

ネコ目

イヌ・ネコなど、人間の身近にいるペットたち他

人間のペットたち(イヌ、ネコ、etc)

ペットの前兆現象の特徴は?

イヌ

異常に吠え飼い主を外に出そうとする。

ネコ

家から姿を消す。

その他の小動物

モグラ

穴を掘りまくる。

ウサギ

絶対鳴かないはずが声を出して鳴く。

イタチ

天井裏で騒ぐ。

その他の大型動物

イノシシ

人里に出て暴れまくる。

クマ

冬眠から目覚めて徘徊する。

家畜

ウシ、ウマ、ブタ。

動物園の動物

ゾウやパンダ。




前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

地震前兆やいかに~電波による複眼観測~

地震前兆やいかに~電波による複眼観測~


ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:大阪東部観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email