防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

地震前兆百科:陸上の動物:ネコ目イタチ科:イタチ(フェレット)

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180405125732j:plain


イタチ(鼬、鼬鼠)とは、ネコ目、イヌ亜目、クマ下目、イタチ科、イタチ属に含まれる哺乳類の総称だ。
日本では「イタチ」は日本に広く棲息するニホンイタチを差す。
他に、オコジョ、イイズナ、ミンク、ニホンイタチなどもイタチ属に分類される。
ペットとして人気のあるフェレットもイタチ属だ。

【目次】

 

イタチの習性

通常は穴に棲み、冬眠はしない。
1930年頃に関西地方でチョウセンイタチが分布を広げ、1945年頃には九州にも侵入し、現在では中部地方以南の本州、九州に広く分布している。
インターネットで検索すると、イタチ駆除を行う関西の業者のサイトがいくつか見つかる。

古代から知られていた

古代ギリシャの地方都市ヘリケがBC373年に大地震で海中に没した時、5日前にネズミ、ヘビ、イタチ、ムカデ、ミミズ、カブトムシなどあらゆる動物が群れをなして、都市間街道を別の市へと向かって移動した。

阪神・淡路大震災(1995)

阪神・淡路大震災の記録である『前兆証言1519!』では、ネズミやイタチが天井裏で騒いでいたという証言がいくつか見られる。
東京で生まれ育った百瀬は、初めて読んだ時に「天井裏にイタチ?」と驚いたものだった。
やはり関西では多いのだろう。


f:id:nmomose:20150603154449j:plain


イタチはネズミを捕食するので、イタチがいる家には大体ネズミもいると言われる。
ネズミの足音としては大きすぎるドタドタという音が聞こえたら、それはイタチなのだという。


神戸市のある家では、1995年の阪神・淡路大震災の2~3ヶ月前から、ネズミとイタチが出なくなった。
以前は天井裏でイタチが走り回る音がしていたが、まったく静かになったという。


大阪府豊中市では、地震の1週間前から、天井裏でイタチが暴れだした。
夜行性のイタチが、昼夜関係なく天井裏でドスン、バタン、ガタガタという音が、地震の後までも続いたという。

フェレット

ペットとして人気のあるフェレットもイタチ属で、イタチが家畜化したものだ。
この動物については、地震前に異常行動を示したという話は聞かない。
あまりにも家畜化が進んだためだろうか。
それとも、日本でペットとして飼っている家が少ないせいだろうか。


f:id:nmomose:20180405130717j:plain

【参考文献】

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)




ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email