防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

【地震前兆百科】動物の異常行動は科学的に説明できる~テレビ番組で検証された重大な事実

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180204175750j:plain


以前に見たテレビ番組でも、動物の異常行動などと地震の発生の関係には科学的根拠があるという思いをさらに深めた。
それは、2007/09/22(土)にテレビ朝日系列で放映された『素敵な宇宙船地球号』「脳が地震を予知する!?~生き物が持つ不思議なチカラ」だ。

「脳が地震を予知する!?」

この番組の趣旨は、動物や人間が地震の前兆を捉えているという可能性を探るというものだった。
人間の脳が地震を予知するという可能性を探求した画期的な番組だった。
現在でも貴重な情報が含まれているので、番組の内容について紹介することにしたい。

「ナマズが騒ぐと地震が起きる」
「キジが騒げば地震あり」

昔からある言い伝え

昔から、日本には地震に関する言い伝えがある。
2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震の前に、動物たちの異常が見られたという。

飼い犬が怖がって飼い主のそばを離れなかった。
家の外で鳥が、眠れなくなるほど騒がしく鳴いていた。
モグラの歩いた後がそこら中にあった。


目を世界に広げれば、こういった話はもっと古くから知られていた。後述するように、古代ローマ・古代ギリシャの時代からあったのだ。

地震前兆の大半は動物関連

大阪市立大学名誉教授の弘原海清氏によると、阪神淡路大震災の際に寄せられた前兆現象1,517件のうち、約半数が動物たちの異常行動に関するものだったという。
「誰かが真剣になって取り組むべき」と、弘原海名誉教授は語る。


大阪大学理学研究部の山中千博准教授も、このような研究に取り組んでいる。
「教科書だけを信じてはいけない」と山中氏は語る。
山中氏は、恩師である故池谷元伺大阪大学理学部名誉教授(1940-2006)とともに、この研究を続けてきた。


池谷教授は、弘原海名誉教授の言葉「誰かが真剣になって取り組むべき」の「誰か」の数少ない一人だった。
故池谷教授の著書『地震の前、なぜ動物は騒ぐのか』と『大地震の前兆 こんな現象が危ない』は、私の人生を大きく動かした非常に重要な本となったものだ。

「パルス電磁波」で説明がつく!

池谷博士の説では、地震の前兆現象は「電磁現象」として説明がつくという。
地震に先立つ地殻変動で、地中の石英を含む花崗岩では、岩石破壊に伴って強いパルス電磁波が発生する。
それが地上に出て低周波電磁波として空中で伝わり、電子機器を誤動作させたり、動物や人間の身体に影響を及ぼすこともある。

この低周波電磁波は、地球の大気の上層部にある電離層で反射し、千キロ以上離れた遠方に伝わる場合もあり得る。
動物たちの地震前の異常行動は、このパルス電磁波を何らかの形で受信した結果ではないかという。

かつての中国の地震予知

動物行動による地震予知の研究は、中国で宏観現象のひとつとして、国家レベルで行われていた。そして、研究成果が応用段階に入っていた。
たとえば、1975年2月4日に遼寧省で発生したM7.2の海城地震では、政府による避難勧告により、10万人もの命が救われた。


麻布大学獣医学部の太田光明教授は、現在の動物異常行動研究の最前線にいる科学者だ。太田教授は、動物と電磁波の関係について研究するために、32年前に大地震が発生した中国遼寧省の海城市を訪れた。
太田教授は、当時の海城市地震局の職員だった男性を訪ねた。
その男性によれば、午や豚が逃げ出し、ニワトリが鳥のように飛び、ネズミが人を恐れなくなったという。


f:id:nmomose:20180204181119j:plain


彼はそれらの動物行動により地震を予知し、3時間後に地震が来ると予測した。
実際に地震があったのは、3時間半後のことだった。
住民のほとんどは、避難勧告に従い、命を救われた。


中国では、動物園で飼育員たちが亀・イグアナなど7種類の動物の異常行動を日々チェックしている。
その観察データは中国地震局に集められ、地震予知に役立てられる。


太田教授は、中国の動物園の動物に電磁波を当てて、行動を観測するという実験を行った。
すると、ヘビは行動が活発になり、亀やイグアナは逃げ出した。
動物たちは確かに電磁波を感じているらしいのだ。

スマトラ島沖地震の動物前兆

2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震では、津波により多くの犠牲者が出た。
ところが、津波が襲来したスリランカの国立公園では、動物の亡骸がまったく見つからなかった。


太田教授の研究室の研究員が、そのスリランカの国立公園へ調査に赴いた。
そしてわかったのは、津波の10分前に、ゾウの群があわてて道路を渡って逃げていったのが目撃されていたこと。
ゾウたちは、ふだんは毎日海岸へ来ていた。それが、津波の4日前から、海岸に来なくなっていた。

ゾウは津波を予知する?

研究員の男性は、スリランカである実験を行った。
津波の際には、低周波音が発生する。
ゾウたちは、その低周波音を聴く能力をもっているのだ。


ゾウは自ら低周波音を発し、仲間たちとコミュニケーションを取る手段とする。
彼らは、津波の到来よりも早く到達する低周波音により、津波が来ることを察知し、逃げたのではないかという。


次に、アンテナから微弱な電磁波を発生し、それを国立公園内の野生のインドゾウに向けてみた。
すると、電磁波を当てていたときにだけ、ゾウたちは警戒音である低い唸り声を上げた。

なぜ動物前兆を研究しないか?

上に紹介したように、動物の異常行動を含めた宏観異常現象を真剣に研究した科学者も一部にはいた。
だが、一般的には地震前兆現象を科学として認めず、否定的な態度をとる科学者が多い。


故池谷元伺教授は、動物の異常行動が地震前兆につながる明確な再現性を見いだせないことだけが問題ではなく、前兆現象が科学的に認められてしまうと、研究費が自分たちから生物学者へ流れてしまうのだと、米国で人から聞かされたという。

「お魚博士」も研究していた

故力武常次東京大学・東京工業大学名誉教授(1921-2004)は、日本の地球物理学・地質学の権威で、地震予知の研究も精力的に行われていた。
力武博士は、宏観現象に対して慎重な態度をとっていたものの、地震予知の研究の一貫として研究していた。
動物の異常行動に関しては、報告にあまりにもフィクション的な内容も混じっているので、当初は半信半疑だったという。


f:id:nmomose:20050409185654j:plain


だが、お魚博士として知られた末広恭雄東大名誉教授のグループが魚類と地震の関係に関する研究を始めたときに、この問題をまじめに考察するようになった。
そして、「地震の前兆現象としての動物異常行動は、なにがしかの真理を含んでいるらしい」と考えるまでになった。


このように、動物たちが電磁波を感じていることがわかった。ならば、地震の前兆として発生する電磁波を感じ取って、回避行動を取ったとしても、おかしくはないだろう。


魚と地震 (1957年)

魚と地震 (1957年)

予言・天変地異―その日に備えよ! (DIA COLLECTION)

予言・天変地異―その日に備えよ! (DIA COLLECTION)





ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email