防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家・百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するサイト&ブログ。

【地震】2018年7月16日02:13 日高地方東部 M4.9 最大震度4~衛星画像が前兆を捉えていた?

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180716101124j:plain


【国内地震発生情報】
2018年7月16日2時13分、日高地方東部を震源とするM4.9、最大震度4の地震が発生した。

日高地方東部M4.9

地震の詳細は以下の通り。

発生時刻:2018年7月16日 2時13分頃
震源地:日高地方東部
最大震度:震度4
緯度:北緯 42.3度
経度:東経 143.0度
震源:マグニチュード M4.9
深さ:約60km

衛星画像の雲(高知大学)

この地震に先立って、衛星画像上で前兆かもしれない雲が出ていた。
下記の高知大学の「日本付近可視画像」では、北海道の南沖から青森県あたりに、「大気重力波」的な雲が出ていた。


f:id:nmomose:20180716104728j:plain

tenki.jpの衛星画像(時間毎)

tenki.jp提供の「日本付近の気象衛星(赤外)」を時間ごとに見ていくと、推移がわかりやすい。
まず下記は昨日7/15 22時時点のもの。
下北半島上空あたりを南東に延びる雲がある。
f:id:nmomose:20180716105259j:plain
下記は7/16 1時時点。
以前よりも薄くなっている。
f:id:nmomose:20180716105518j:plain
下記は1時間後の地震直前。
f:id:nmomose:20180716105622j:plain
だが、地震発生(2:13)後の3時になると、また震源の少し南あたりに出始めた。
f:id:nmomose:20180716105711j:plain
そして、5時頃には、また南東に延びる直線になっていて、震源のほぼ真上にある。
f:id:nmomose:20180716105800j:plain


一見して、1枚だけ写真を見るとわかりにくいが、こうして連続して解析していくと、やはり地震と関係があるかもしれないと思えてくる。
このような現象があるかもしれないということで、今後の課題としたい。


【参考】
保存書庫 — 高知大学気象情報頁Wiki
tenki.jp


https://www.instagram.com/p/BlRbitZHRMn/
【地震】7/16 日高地方東部M4.9ほか環太平洋揺れ始めて、この程度で終われば良いけれど1~2日は予断が許さない。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #LINE


ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:大阪東部観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email