防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【地震】11月22日05:59 福島県沖M7.4 最大震度5弱の地震と津波~エクストリームスーパームーンとニュージーランド地震の影響?

スポンサード リンク

地震発生情報】
今日2016年11月22日5時59分、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4、最大震度5弱地震が発生しました。


f:id:nmomose:20161122123243j:plain



発生時刻 2016年11月22日 5時59分頃
震源福島県
(いわきの東北東60km付近)
最大震度 震度5弱
位置 緯度 北緯 37.4度
経度 東経 141.6度
震源 マグニチュード M7.4
深さ 約30km

 

津波

この地震により、仙台港で1.4mのほか、各地で津波を観測した。
仙台港では7時9分に第1波が、8時3分に最大1.4mを観測した。
他にも、相馬、久慈港石巻市鮎川、石巻港いわき市小名浜、大洗、宮古大船渡などで0.2m~0.9mの津波を観測した。

エクストリームスーパームーンの影響?

11月14日のエクストリームスーパームーンから約1週間。
次の満月である12月14日もまた(通常の)スーパームーンであり、この間の1カ月間は大きな地震に注意が必要です。

気象庁スーパームーンの影響を否定

気象庁は、スーパームーンと今日の地震との関連性を否定している。
国立天文台片山真人暦計算室長は「スーパームーンのときは地球に働く月の引力は最大だが、それによって地震が起きるわけではない。22日は月と地球の距離が特別に近かったわけでもない」と語る。


www.sankei.com


だが、東日本大震災も今日の福島県沖M7.4の地震も、ともにエクストリーム・スーパームーンの数日前・後に起きている。
これは偶然だろうか?


一般的に、満月・新月の影響で大地震が起きると思われる時には、タイミング的に、満月・新月の直前(前日とか)または数日後に起こることが多いように思う。
その理由は現時点で明確に説明できないが、興味深いところだ。

ニュージーランド地震の後に日本も揺れるパターン

南太平洋のバヌアツ(ヴァヌアツ)で大きな地震が起きると日本付近でも地震が起きやすいという「バヌアツの法則」があるが、同様に「ニュージーランドの法則」も言われ出した。
両地点だけでなく、広く南太平洋の太平洋プレート境界付近で大きな地震が起きた後は、日本付近の太平洋プレート境界のあたりで大きな地震が起きることが多い。


このような法則性が本当だとすれば、ニュージーランド地震の後で大地震に備えることができるだろう。


その他の詳細や予言などについては、下記の「探求三昧」ブログで書いています。


tankyu.hatenablog.com



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email