読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害に関する様々な情報を提供。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測・前兆・防災情報 -

HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【前兆】関東周辺で有感地震が少なくなっている~念のため要注意

スポンサード リンク

表題の通りで、ここ数日、日本全体で有感地震の数が少なくなっている。
…と書こうと思ったら、今日の夕方以降になって、大阪府北部M3.6、福岡県北九州地方M3.3と揺れた。
ただ、まだ関東周辺で有感地震が少なくなっているというのは、まだ言えていると思う。


Google Earthに取り込んであるUSGS地震データでも、下記の通り、地震が少ない。


f:id:nmomose:20161106230041j:plain


さらに気になるのは、例の房総半島東沖の群発地震
ここでも、10/10を最後に止まっている。
あれ、このデータがおかしいのかな?
つい昨日か一昨日まではたくさん出ていたのに。

自分の体感に対応する地震も無し

11/1の下記の記事で書いた、自分の体感のことも。


www.bosai3.com


11/4~11/5の予測期間を過ぎても、対応する地震がない。
まあ、ハズレでそれで終わりかもしれないけれど。


いままでの経験では、だいだいこういう時は、その後で茨城とか千葉とか埼玉の内陸でM5とかの地震が起きたりする。
いつもそうではないにしても、そういうパターンが多いように思います。


念のため、関東地方は注意してください。



千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016- Naoya Momose. All Rights Reserved.