防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【前兆】関東から東北にかけて様々な前兆現象らしきものあり、大きめの地震が来そうな気配

スポンサード リンク

このところ、なんだか地震前兆かもしれないということが色々ある。
体感する人も多い。
それらのいくつかを紹介したい。


f:id:nmomose:20161027233127p:plain
 

糸満市でリリュウグウノツカイ

10/25、沖縄県糸満市喜屋武の喜屋武漁港北側の浜辺で、深海魚のリュウグウノツカイが打ち上げられた。


ryukyushimpo.jp


リュウグウノツカイの出現は、久々に聞いた。

北海道でサケ不漁

北海道では、サケが不漁だという。
イクラの価格も上がっているとか。


川に戻ってくるサケが減少しているため、根室地方の8つの漁協は、海で行っている定置網漁の一部を自主規制することを決めた。


ただし…。
昨年秋も不漁だったそうだ。
2010年秋には、南三陸町でサケが不漁だった。
海水温が高いためだとされた。
そして、翌年の東日本大震災


魚の大漁・不漁が何でも地震の前兆現象であるわけではない。
もしそうである場合、大漁と不漁が出る違いは?
A地点で不漁になり、B地点で大漁になり、結果としてA地点の近くで大地震が起きたとする。
その理由としては、やはり魚たちが前兆現象を嫌がって、より遠くへと逃げるからではないか。


北海道のサケの不漁は、アザラシが食べてしまうからとか、海水温が高いからだとか、いろんな説がある。
海水温が高いとすれば、それは大地震の前兆でもあるかもしれない。
本当の理由は、もっと時間をかけて調べなければわからないとテレビでは言っている。


今年はサンマも不漁だったり、いろいろ大変そうだ。
サケのケースは、昨年との比較など、もう少し色々と調べてみることにしたい。

その他の体感や異常現象

Facebookの前兆・体感のグループでは、とにかく体調が悪いという人が多い。
私自身は、昨日あたりから強めの耳鳴りが続いている。
昨夜は原稿の執筆に集中していて気づかなかったが、終わった後で、気が狂いそうな強さのセミ鳴きの耳鳴りが続いていた。


埼玉県では、先週からテレビが3度ほど、誰も触らずに電源が切れたという人がいる。


どこの人だったか、アマチュア無線の電波状況が異常に良いというのもあった。
普段よりも雑音が少なかったりするのだそうだ。


このように、特に関東地方から東北にかけて色々な現象が起きているが、もっといえば西日本など日本中各地で起きているかもしれない。
今後も様子を見てみることにしたい。



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より

Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.