読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害に関する様々な情報を提供。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測・前兆・防災情報 -

HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【鳥取県中部地震】1ヶ月前からクマ出没が多発していた~地震の前兆だったか?

スポンサード リンク

一昨日2016/10/22 14:07に発生したM6.6鳥取県中部地震の件。
事前の前兆現象を調べていたら、鳥取県では1ヶ月ほど前からクマの出没が多発していたことを知った。


9月上旬頃から10月中旬まで、鳥取県鳥取市など県の東部で出没が多発していた。
出没地点を、下記のGoogle Earthのマップ上でプロットしてみた。


f:id:nmomose:20161023232215j:plain


データは、下記の鳥取県のページとクマ出没ブログから収集した。


www.pref.tottori.lg.jp


sukeroku.blog55.fc2.com
 

約1ヶ月半前から多発

もっと前に遡ると、今年4月から7月にも、出没が多く見られた。
これを前年の出没記録と比較してみると、昨年は8月~10月までは、非常に少なかった。
ちなみに夏季の7月頃はクマが繁殖期で、出没が多く見られるようになるそうなので、この期間は地震とは切り離して考えるべきだろう。


やはり、地震前兆としての動物の異常行動なのだろうか。
この鳥取県のケースでは、その可能性はあるだろうと思う。


こうして概観すると、鳥取県の東部が多くて、震源付近の中部は非常に少ない。
震源の東15Km~60Kmほどに集中している。
カラスなどが群れで震源から遠くへと退避する行動を取る例がある。
それと同様に、クマが「体感」を回避できる方角へと、震源から離れて移動していったとすれば、興味深いことだ。


もちろん、地震との関連はないという可能性も含めて、今後検討することにしたい。


※今年は全国的にクマ出没が増えているとの意見もあるので、この件は慎重に検討する事にします。


※拙著キンドル本です。
東日本大震災前のクマの出没などについても書いています。

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》



千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016- Naoya Momose. All Rights Reserved.