防災三昧web & blog - 地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト/ブログ。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・前兆・防災情報 - MENUクリックでメインメニュー

HOME MENU LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】10月20日千葉県北東部M5.5震度4+硫黄島近海M6.0、栃木県北部M3.8と関東3連発~虹やクジラ打ち上げや私の体感は前兆か?

スポンサード リンク

地震発生情報】
今日はまさかの関東3連発。
千葉県東方沖M5.5、硫黄島近海M6.0、そして規模はちょっと小さくなるが、群馬県北部M3.8だ。


長いこと、頭痛や耳鳴りや体調不良などの「体感」(?)が続き、「これは地震前兆ではないんじゃないの?」と思い始めていたところだったが、これで少し安心した(?)。

千葉県北東部M5.5

まず、今日2016年10月20日11時49分、千葉県北東部を震源とするM5.5、最大震度4の地震が発生した。

発生時刻 2016年10月20日 11時49分頃
震源地 千葉県北東部
最大震度 震度4
位置 緯度 北緯 35.9度
経度 東経 140.6度
震源 マグニチュード M5.3
深さ 約40km

f:id:nmomose:20161020214213j:plain


この地震が起きたのを、大田区の派遣先で働いていた私はまったく気が付かなかった。
今週は11:45に昼休みに入るが、ちょうど11時49分頃にはロッカールームで立ってコーヒーを飲んでいたと思う。
大田区は震度2だったが、ビルの5階で立っていると揺れを感じない程度だったようだ。


最大震度4以上の地震が起きると、このブログでは自動投稿する仕組みになっている。
ただ何時何分に地震が起きた程度の内容だが、その後にこうして情報を追記することにしている。

硫黄島近海M6.0

また、同じく今日2016年10月20日15:25には、硫黄島近海でM6.0の地震が発生した。
この地震では、小笠原村震度1を記録して、かろうじて有感地震になった。

発生時刻 2016年10月20日 15時25分頃
震源地 硫黄島近海
最大震度 震度1
位置 緯度 北緯 22.3度
経度 東経 142.3度
震源 マグニチュード M6.0
深さ 約10km

群馬県北部M3.8

これでも終わりではなかった。
今度は20時12分に、群馬県北部でM3.8、最大震度3の地震が起きた

発生時刻 2016年10月20日 20時12分頃
震源群馬県北部
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 36.6度
経度 東経 139.3度
震源 マグニチュード M3.8
深さ 約10km


f:id:nmomose:20161020214232j:plain
 

前兆現象と思われること

これで今日は3連発だ。
千葉県東北部で揺れた時」「これで終わりではないだろう」
硫黄島近海で揺れた時:「んーーーまだかな」
群馬県北部で揺れた時:「これでやっと収束するかな??」


自分的には、もっと大きいのが関東南部内陸か太平洋側で来るのではないかと思っていたが、3連発というのは意外だった。
これらの地震の前兆現象は起きていただろうか。


「リアルタイム地震前兆データ」のページを見ると、いくつかあった。


saryuya.com


まず、行徳プロジェクトの香取観測点のグラフ。


f:id:nmomose:20161020210912g:plain


今日の朝から、かなりのピークが続いていた。


また、大気ラドン濃度の市川観測点のグラフ。


f:id:nmomose:20161020211052p:plain


昨日の朝にピークを過ぎて、今日の昼頃に下降が止まって収束したようだ。
硫黄島はさすがに遠いが、少なくとも千葉県北東部は前兆を捉えていたのかもしれない。


一昨日の記事で書いた、関東や東北で見られた「虹色現象」。
ちょうど2日後ということで、今日の一連の地震の前兆だったのだろうか。


www.bosai3.com


また、昨日の記事で書いた、沖縄のサメや静岡県沖のクジラ。


www.bosai3.com


これも、今日の地震の前兆だったのかもしれない。


3連発とはいうものの、実際は硫黄島は切り離して考えた方が良いかもしれない。
なんといっても、下記のマップを見てわかるように、東京からとてつもなく遠いのだ。
大雑把にいうと、北海道の南端から鹿児島県あたりまである。


f:id:nmomose:20161020212022j:plain
 

3連発のうち2発は自分の体感の原因だったか?

とにかく、もう疲れ果てた。
それと、ビビリ始めていた。
「何か悪い病気じゃないのか?」とか。


いつ頃まで遡って考えるべきか、迷うが、まず下記の10/6の探求三昧で書いた記事。


tankyu.hatenablog.com


上記の記事では、下記のツイートを紹介していた。



10/3から始まっていたとすれば、2週間以上前。
10/3~10/4と2日間仕事を休んだ。



次に、10/14のこのブログの記事。


www.bosai3.com


この記事で紹介した下記のツイートの通り、10/10もまた仕事を休んだ。



2日後の10/13もまだ体調不良だった。



そして2日前のツイート。



こんなに長く体調不良が続いたのは、「体感」だけだと言い張るつもりはない。
台風に伴う気象病、風邪をこじらせたこと、そして地震前兆としての「体感」が重なり合ったために、これだけひどくなったのではないかと推測する。


これだけメチャクチャだと、「3~4ルール」はほとんど機能しないくらい予測困難だろう。


それでも、体感が抜けて完全にスッキリしたかというと、そんなことはない。
今これを書いている21:30現在、まだ右耳で強めのセミ鳴きの耳鳴りが続いている。
今日は、頭痛はなかった。
だが、仕事中に何度も、連日のように続く酷い睡魔に襲われていた。


というわけで、まだ気が抜けない。
この2週間ほど、心の中では「大きいのが来なければいいな…」と思っていたが、これだけ小出しに来てくれれば、まだいいだろう。
それでも、まだ完全には不安が拭えない。


明日以降も地震前兆と思われる物を注意深く探すことにしたい。


ほんとにもうね、一家に1台?
天山プロジェクト 地震前兆検知器 ナマジー namazy Ver1.25

天山プロジェクト 地震前兆検知器 ナマジー namazy Ver1.25



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.