防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【前兆】沖縄県でサメ、静岡県沖でクジラ漂着~村井俊治氏の地震予測など関東は要注意か

スポンサード リンク

このところ、サメやクジラの出現が相次いでいる。
また伊豆半島東部では群発地震が起きたり、村井俊治氏のJESEAの地震予測でも南関東が要警戒なので、これらをまとめて紹介する。


まずは、10/15に沖縄県北谷町で、クジラが釣れたこと。


www.okinawatimes.co.jp


釣れたのはオオメジロザメと思われる。
1週間前頃から、周辺で泳いでいるのが目撃されていた。


f:id:nmomose:20161019214732j:plain


【写真】沖縄タイムスより


過去の事例でいうと、2015/08/04頃から、茨城県鉾田市沖で、サメが2匹~6匹ほど泳いでいるのが目撃された。
メジロザメだと思われる。
その4日後の2015/08/06に、茨城県沖で、M5.2の地震があった。


いままで何度も書いているが、サメの仲間にはロレンチーニ器官というものがあり、微弱な電流の変化も捉えることができるようになっている。
これで地震前兆として水中を流れる電流に過敏に反応して、岸に異常に接近したりといった異常行動を起こすのではないかと思われる。

静岡県沖でクジラが打ち上げられる

静岡県では、2016/10/16 17時頃に、静岡県清水区蒲原神沢の海岸で、息絶えたクジラが打ち上げられた。
アカボウクジラの雌とみられ、体長は約4.6mほどだったという。


www.at-s.com


これだけでは地震前兆現象かどうかはまったく判断できないが、これに付随して気になることがある。

伊豆半島東部で群発地震

例によって、有感地震似ならない無感地震を調べようと、「あなご君」にアクセスした。
すると、昨日2016/10/18日に伊豆半島の東部の付け根あたりで、群発地震が起きていた。


今、そのあなご君を開いても、該当エリアには2個ほどしか表示されていない。
過去24時間の地震しか表示しない仕様となっているのだ。


f:id:nmomose:20161019223704j:plain


上記のマップのように、伊東市あたりの海辺で起きている。


だが、下記のマップのように、Hi-netデータでは、常に無数の微小地震が捉えられている。
そのため、それほど騒ぎ立てるレベルではないかもしれない。


f:id:nmomose:20161019224309j:plain
 

村井俊治氏のJESEAでも南関東は警戒レベル5

今日届いたJESEAのメルマガでも、南関東エリアは依然として「レベル5」(震度5以上の地震の可能性が極めて高く緊急性がある)となっている。


クジラの漂着や自分の体感(?)のこともあるので、念のため関東地方は今週末頃まで注意することにしたい。



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より

Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.