防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【地震】9月26日14:19 沖縄本島近海M5. 6、最大震度5弱の地震~台風が震源を避けて進んだ?

スポンサード リンク

地震発生情報】
9月26日14時19分、沖縄本島近海を震源とする最大震度5弱地震が発生した。
一つ前の記事で紹介した、今日の浦河沖M5.5の地震が発生してから、たった7分後に起きた。
日本の南北の端の方で、数分違いで大きく揺れたことになる。


下記のマップを見ると、沖縄本島と近隣の島々がすべて揺れたようだ。


f:id:nmomose:20160926214131j:plain

発生時刻 2016年9月26日 14時19分頃
震源沖縄本島近海
最大震度 震度5弱
位置 緯度 北緯 27.4度
経度 東経 128.6度
震源 マグニチュード M5.6
深さ 約40km

台風12・13・16号は沖縄本島あたりを迂回して進んでいった?

この地震は、沖縄本島の北東にある沖永良部島のほんの数キロ(5Km位)北方が震源となった。
ここで、いつものように、Google Earthを立ち上げて、最近の台風進路データを眺める。


「また始まったな」と思われるでしょうが、どんなに珍説と思われようが、可能性があることは探求します。


というわけで、Google Earth上に保存した台風進路データを眺めると、ふと気がついた。
台風12号・13号・16号が、今日の震源となった地点を、まるで「迂回」するかのような進路を取っていたこと。


わかりやすいように、下記のGoogle Earthのマップに、台風が方向転換した日時を書き入れた。


f:id:nmomose:20160926221315j:plain


台風が、近い将来地震が起きて「震源」となる地点を、まるで「迂回」するような進路を取ることは、そうだと断言するには、まだまだ多くのデータを収集しなければならない。
あくまでも、低い可能性として考えていることだ。


データを集めてみて、「やっぱり違った」となるかもしれない。
今後も、過去のデータにも遡って、事例を集めたいと思っている。

ブログ村登録直後に…

このブログは9月1日に正式オープンして、遅まきながら昨日ブログ村の「地震」カテゴリーに登録しました。
すると、1日にしてINポイントランキングで5位に上昇してきました。
PVポイントランキングでは、なんと2位。
1位に居座っているブログ(探求三昧)を追い抜くのは、ちょっと手ごわい感じです。^^;




ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より

Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.