読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害に関する様々な情報を提供。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測・前兆・防災情報 -

HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【地震】関東東方沖でM6.5の地震~群発地震注意~台風7号と10号はこの震源を迂回していた?

スポンサード リンク

今日9/23朝9:14に、関東東方沖でM6.5の地震があった。

発生時刻:2016年9月23日 9時14分頃
震源地:関東東方沖
最大震度:震度1
緯度:北緯 34.4度
経度:東経 141.7度
震源マグニチュード M6.5
深さ:約10km


下記のGoogle Earthのマップで示しているように、あまりにも群発地震が多すぎて、これくらい拡大しないと他の震源に埋もれてしまって見えなくなる。
このマップでは過去1ヶ月間に起きた地震震源を示しているが、M4クラス以上の地震が多発している。


f:id:nmomose:20160924003832j:plain


この地震は、昨日の記事で紹介したラドン濃度などの前兆現象には、当てはまらないようだ。
たとえば市川観測点などでは、まだデータが収束していない。
やっとピークを越して下降に転じたくらいだ。


f:id:nmomose:20160924004250p:plain

群発地震が起きていた

この3つのプレートが重なり合う境界のあたりで群発地震が起きていることは、数日前から気づいていた。
注意喚起しようとして、失念していた。


今日のM6.5が発生して、これでストレスが抜けたのか、それとも今後もっと大規模な地震が起きるのか、意見が分かれるところだ。
下記のマップは、過去7日間のHi-netの無感地震を含めた地震を示している。


f:id:nmomose:20160924004946p:plain
 

台風7号と10号は群発地震を迂回して進んで行った?

自分のGoogle Earthを開くと、最近起きた台風の進路データを取り込んでいる。
これを眺めていて、ふと気がついたことがある。


8月の台風7号台風10号は、この群発しているエリアを迂回して北へと進んでいったのではないか?ということ。
台風7号が8/16頃に、台風10号が8/30頃にそのあたりを通過している。


f:id:nmomose:20160924005210j:plain


あくまでも可能性として考えているが、どうだろうか?
今後も、新規に発生する台風の動きに注視していきたい。


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

派遣先の会社から、賞味期限切れの備蓄パンをもらってきた。
明日食べてみます。
災害備蓄用缶詰パン・3缶セット

災害備蓄用缶詰パン・3缶セット



千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016- Naoya Momose. All Rights Reserved.