防災三昧web & blog - 地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト/ブログ。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・前兆・防災情報 - MENUクリックでメインメニュー

HOME MENU LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【前兆】ラドン濃度グラフを追加~札幌・市川・広島データが上昇中

スポンサード リンク

今日は地震前兆かもしれない現象をいくつか紹介する。
それは、「大気中ラドン濃度」です。
このブログにもラドン濃度グラフを表示するようにしたので、そのお知らせも。


f:id:nmomose:20160922230532p:plain

フッターにラドン濃度グラフを追加しました

まず、『地震前兆ラボ』の「リアルタイム地震前兆データ」のページに掲載しているラドン濃度グラフについて。
今日、このブログのフッター(最下部)に、市川観測点のラドン濃度グラフを表示するようにした。
もちろん、リアルタイムの値を自動で表示しています。


ただし、今日追加したのはPC版だけで、スマホ版ではどうしようか、後日検討します。
あんまりあれこれ追加すると、特にスマホ版ではページが重くなってしまうので。


「RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集」サイトさんでは、札幌・市川・練馬・広島など貴重なデータのグラフへのインターフェイスを無償で公開していて、それを利用させていただいています。


なぜ市川かというと、関東で最も頻繁に地震が発生する千葉沖・茨城沖に近く、千葉・茨城の内陸地震も頻繁に起きるため、前兆データが出やすいことがあります。


また、「リアルタイム地震前兆データ」では、いままで表示していなかった練馬観測点のグラフを今日追加しました。


saryuya.com
 

ラドン濃度上昇中

そのラドン濃度グラフを見ると、札幌・市川・広島で値が上昇中です。
一般的に、この上昇がピークに達して下降を始め、その下降が停止した(収束した)後で地震が起きるパターンが多いとされている。


数日間、様子を見たいと思います。



ラドン濃度測定に関する調査研究〈その3〉 (1978年)

ラドン濃度測定に関する調査研究〈その3〉 (1978年)

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.