防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【台風と地震】台風13号は温帯低気圧に+奄美大島近海M4.5、東海沖M4.7の震源を迂回した?

スポンサード リンク

昨日の記事の続き。
台風13号は、今日未明に低気圧に変わった。
だが秋雨前線を刺激し、9日にかけて北日本に大雨をもたらしそうだ。

f:id:nmomose:20160908223631j:plain

台風13号が沖縄周辺から北上するに連れて、また変な進路変更をして、その直後に地震発生というパターンがあったかもしれない。

昨日の記事に載せたGoogle Earthのマップで、13号が奄美大島の北沖を迂回するような動きを示していたので、その付近で地震があるのではないかなと思っていた。
すると、やはり起きた。

奄美大島近海M4.5

まず最初のマップを見ていただきたい。
つい先程、今日20:00に、奄美大島近海でM4.5、最大震度2の地震が起きた。

発生時刻:2016年9月8日 20時0分頃
震源地:奄美大島近海
最大震度:震度2
緯度:北緯 27.7度
経度:東経 130.0度
震源マグニチュード M4.5
深さ:約10km


私が昨日思ったように、奄美大島を迂回したような進路を取ったのは、今日のこの地震のせいだったのか。


f:id:nmomose:20160908230040j:plain


13号は9/6の18時頃に北へ急転換し、9/7 9時に元のルートに戻ったようだ。

八丈島近海M4.7

次の下記のマップでは、13号は北東に進み、今日未明3時頃に、低気圧に変わった。
その後、今日14:10に、今度は八丈島近海でM4.7の地震が起きた。


f:id:nmomose:20160909003321j:plain


上記マップの13号の進路を見ると、低気圧に変化する前に、若干北へ逸れるルートを取っているように見えないでもないが、どうだろうか?


というわけで、今日も2つの地震の発生と台風13号の進路が絡んでいるように思えるのだが、あくまでも可能性として考えているだけだ。


本来、台風の進路を決めるのは、風向き・気圧・海水温といった要素もあるので、地震だけで進路を云々することはできない。
もし地震の発生という要素もあるならば、地震予知地震予測に役立てることができるかもしれない。


少なくとも、先日TOCANAでも書いたように、地震の発生と気圧には密接な関係がありそうだ。
今後も台風の動きには注意を怠らず観察することにしたい。


agora.ex.nii.ac.jp


何が起きても命を守る 防災 減災BOOK

何が起きても命を守る 防災 減災BOOK


https://www.instagram.com/p/BKEglQZB1rc/
【龍矢】多摩六都科学館の大昆虫展で。カブトムシは飼っていて慣れているけれど、クワガタの動きが速いのでビビっていた。Ryuya us afraid of the insect because it moves so fast.



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email