読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家が地震予知・予測・前兆・防災の情報を提供

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害に関する様々な情報を提供。

-地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測・前兆・防災情報 -

HOME LIST WEB VIDEO TWITTER FACEBOOK EMAIL PROFILE 

スポンサード リンク

【TOCANA】【緊急警告】「トリプル台風」の後にM5以上の巨大地震が来る!? “進路と震源地”の関係を発見、前例多数!

スポンサード リンク

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
今まではトカナ記事の紹介は、『探求三昧』ブログでやっていたが、今後は災害関連の記事は基本的に、こちらのブログで書くことにする。
ただし、地震の予言などのスピリチュアル・超常現象に関連する事項は、従来通り『探求三昧』で扱うつもりだ。


今日の記事は、『【緊急警告】「トリプル台風」の後にM5以上の巨大地震が来る!? “進路と震源地”の関係を発見、前例多数!』と題したもの。
内容は、

  1. 「台風は地震が起きる地点を迂回して進む」
  2. 「台風が過ぎた後は地震が起きる」

…という2つの説の紹介。

f:id:nmomose:20160829230325j:plain


以前から私がブログで書いてきたことをまとめたものだ。
1については、私が見つけ出したもので、まだ仮説の段階だという前提で紹介した。
2は、以前から広く言われてきていること。


まず、TOCANAの記事で読んでみてください。


tocana.jp
 

震源「迂回」説と「通過」説は矛盾する?

前述の1の自説と、広く言われている2の説は、矛盾するのではないか?
普通に考えれば、そうでしょう。^^;


ただ、地震の規模、あるいは台風の規模によって条件が変わってくるというのは、あるのかもしれない。
あるいは他の条件で決まる可能性も?

Boppoさんのコメント

今回は記事中でBoppoさんの説を紹介したが、本来ならば本人に直接取材するところを、締め切りまでの時間がなくてできなかった。
今日、Boppoさんに記事の掲載をお知らせしたら、下記のようなコメントをいただいた。

ツイッターでも紹介しておりますが
簡単には、以下の説明になります
1.私は過去の台風進路と地震の統計から
【台風による地震抑制効果】を見い出しました
これは、地震も台風も【巨大な熱源】を必要とする為で、熱が台風として現れれば、地震が抑制されると解釈されるので、台風と震源に密接な関係があるのは当然の事と考えます
2.【台風は巨大な熱の塊】です
当然に発散量も大きく、熱の供給源が無ければ途端に消えてしまう
それが遥々と日本まで到達し、尚も勢力を保っていられるのは、そこに【熱源】があるからで、地震エネルギーも熱量を持つため、台風進路に震源あり、は理に適っていると考えます


以前よりもクリアに説明できるようになったようだ。
やはり「熱」というものが大きく関わっているようだ。
台風の発生や消滅、そしてその動きは海水温に大きく影響される。

地震予知への期待

以前にも書いたが、台風の季節に限られるものの、台風の進路や海水温などを観察することによって、場合によっては地震予知に役立てることができるかもしれない。
たとえ予知まではいかなくても、「地震予報」でも良い。

台風頭痛

今日は午前中から軽く頭痛があった。
下記の通りツイートした。



「頭痛~る」アプリで見ると、今日は1日中「警戒」になっていた。
低気圧頭痛というか「台風頭痛」というべきか。


上記の台風10号の予想進路マップを見ると、東北沖の地震多発地帯を通過しそうだ。
何か変わった動きをしないか注視することにしたい。


東京防災

東京防災

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット



千葉香取観測点グラフ

■行徳地震前兆観測プロジェクト リアルタイムグラフ by SC
ラドン濃度グラフ:市川観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016- Naoya Momose. All Rights Reserved.