防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【地震】茨城県南部でM4.1の地震~ミッヒーさんと百瀬の体感に対応か

スポンサード リンク

防災三昧ブログ、初めての記事だ。
数日前からあったミッヒーさんと自分の体感の検証をしようとしていた矢先に、揺れた。


2016/08/27 22:46に、茨城県南部でM4.1の地震発生。
栃木県宇都宮市などで最大震度3を記録した。


f:id:nmomose:20160827225608j:plain

発生時刻 2016年8月27日 22時46分頃
震源茨城県南部
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 36.1度
経度 東経 139.9度
震源 マグニチュード M4.1
深さ 約50km


ここ小平市では、震度1だった。


大したことのない地震だが、埼玉県南部に住むミッヒーさんにとっては、強めの体感となったようだ。
また私も対応する頭痛体感があったようだ。

ミッヒーさんの体感

ミッヒーさんは、8/25(木)に下記のようにツイートしていた。



続いて、同日に。



その後の8/26 2:04頃には、鳥島近海でM6.1の地震があった。
これが対応する地震だったのか。


だが、まだ体感が抜けなかったらしい。
8/26に下記のようにツイートしていた。


百瀬の体感

次に私は、8/22夕方から夜まで、軽い頭痛体感があった。



いつもの「頭痛体感3~4日ルール」からしても、8/26の鳥島近海M6.1が対応する地震だったのか。
加えて、今日8/27の茨城県南部M4.1の影響もあって、体感する人が多くみられたのかもしれない。


8/26の鳥島近海のM6.1の地震震源は、東京からだと岩手県あたりまでの距離に等しい。
私の場合、いつも慎重すぎるかもしれないが、そのくらい震源が遠いのに、果たして本当に体感しているだろうかと。


少なくとも、先ほどの茨城県南部M4.1は、対応していたのだろう。


これから台風10号が日本に接近するにあたって、8/30頃に関東に近づく予定なので、気をつけることにしたい。



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より

Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.