防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【地震】イタリアでM6.2、ミャンマーでM6.8の直下型大地震が発生~松原照子氏とオランダ人が予言していた?

スポンサード リンク

今日日本時間未明に、イタリア中部でM6.2の直下型地震が発生した。
その後、ミャンマーではM6.8と更に大規模な内陸地震も起きた。
この地震を予言・予測していた人がいたかどうかも見てみたい。

f:id:nmomose:20160824225914j:plain

イタリア中部地震M6.2

イタリアの地震は、中部のノルチャ付近で発生したもの。
すでに一部メディアでは「イタリア中部地震」と呼ばれているようだ。
今日2016年8月24日3時36分(現地時間)に発生した、M6.2、深さ10Kmの地震だった。
震源は、下記のGoogle Earthの地図にある通り。


f:id:nmomose:20160824231910j:plain


このマップを拡大して見ると、30Kmほどの範囲内で、余震が多発しているようだ。
Google Earthを拡大していくと、震源は山間部のようなところ。
震源から1.5Kmほど北西方向に、ノットリアという地名がある。


f:id:nmomose:20160824231203j:plain


上記の地図で、黄色の丸印は1901年以降に起きたM7.0以上の大地震のデータだ。
M7規模の地震は、1905年と1908年にイタリア南部で発生して以来、起きていない。


今日の地震は、ローマの北東約100Kmほどのところで起きたもの。
19時半時点で、すでに38人が死亡したと伝えられている。
AFPなどが伝える写真を見ると、震源地付近はがれきだらけだ。


f:id:nmomose:20160824231311j:plain


下記の図は、ネット上で見つけたイタリーの活断層を示した地図。
オレンジ色のラインが活断層だと思われる。

https://www.instagram.com/p/BJgqlFlBvuP/
【地震】8/24イタリア中部M6.2の震源付近。オレンジ色のラインが活断層。


不正確だが、震源付近を丸印で書き入れた。
既知の活断層が動いたのだろうか。

ミャンマー中部でM6.8

次に、ミャンマーでは今日8月24日17時4分(現地時間)に、同国中部でM6.8、深さ約84Kmの地震が起きた。
少なくとも4人が死亡したほか、数多くの仏教遺跡があり世界的な観光地として知られるバガンでは、遺跡の一部が崩れるなどの被害が出ている。


下記のGoogle Earthのマップでは、紛らわしいが、過去1901年以降に発生したM7.0以上の地震マッピングデータも加えてある。
大きな黄色の丸印がそれだ。


f:id:nmomose:20160824233557j:plain


上記のように、ミャンマーでは過去にも頻繁に大きな内陸地震が起きていることがわかる。
これに対して、その東隣のタイでは皆無なのが対照的だ。


まだ地震が起きて時間が経っていないこともあって、まだ報道されている写真は多くない。
下記の写真は、建物の外に出て建物の上を見ているのだろうか。


f:id:nmomose:20160824235203j:plain

タイでは揺れたか?

ちなみに、サルちゃん(タイ人の家内)の実家があるタイのサムットプラカーン県(バンコクの南に隣接している)では、家族がまったく揺れを感じなかったという。
首都バンコクや、ミャンマーに近い北部のチェンマイなどでは、多少揺れたらしい。


地震慣れしているとはいえ、犠牲者がもっと増えなければ良いと思う。
また、仏教遺跡なども心配だ。

松原照子さんの世見

世見者の松原照子さんは、イタリアの地震についてブログで何か言及していなかっただろうか?
薄っすらと記憶があるので、検索してみると、あった。
2014/06/12の下記の記事で書いていた。


tankyu.hatenablog.com


その日6月12日の「今、生きていることを喜んで」と題した世見で、こう書いていた。

ポッツオリの辺りも地殻の上下変動が動き始めたようです。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2014年6月12日より)


ポッツオリは、イタリア南部、カンパニア州の港湾・工業都市だ。
前述のGoogle Earthのちずに、ポッツオリの位置を示しておいたが、今日の震源から200Km以上南方にある都市であり、世見が的中したかどうか意見が分かれるところだろう。


また、イタリアで大きな地震が起きるとまでは言っていない。
だが、何かしら感じていたのかもしれないが。


f:id:nmomose:20160824231029j:plain


松原さんは、ミャンマー地震については、まったく言及したことがないと思われる。

オランダのフランク・フッガービーツ氏の予言

私の記事ではないが、8/22のTOCANAの記事で紹介されているオランダのランク・フッガービーツ氏は、8月20日~9月4日に大地震が起きると予言していた。


tocana.jp


この人は占星術的な惑星配置によって予測しているようで、下記の通り3つの期間で下記の規模の地震を予測している。

  1. 8月21日前後(マグニチュード6~7)
  2. 8月25~31日(マグニチュード8~9)
  3. 9月2~4日(規模不明)


今日は8月24日だったので、1と2の間の期間だった。
厳密にいえば的中していないが、指定した比較的短期間に2つの大きな被害地震が起きたので、やはり何かしらもっている人なのかもしれない。


この人の予測の手法はともかくとして、天体配置が地球上の地震の発生に影響を与えることは、可能性としてあるかもしれないと思う。
若いころは、そういう研究もしていたことがある。


ただし、それは「占い師」が占星術の手法によって地震を占うのとは異なる観点からのものだ。


今日はこのへんにしておき、後日新たな情報が入り次第、続報をお伝えすることにしたい。


決定版 巨大地震から子どもを守る50の方法

決定版 巨大地震から子どもを守る50の方法

子供用防災ずきん

子供用防災ずきん

非常食おかずセット 東和食彩 備蓄用惣菜4種

非常食おかずセット 東和食彩 備蓄用惣菜4種


www.shokuzan.com


https://www.instagram.com/p/BJd5yi8DKL8/
【愛弥美】おはよ。Mornin'


https://www.instagram.com/p/BJd-fCDDzkd/
たぶん1歳の頃の私。ずっと妹の写真だと思っていた。Me at the age about 1 year old.
どっちがかわいい?(^o^)



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より

Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved.