防災三昧 by 地震前兆ラボ - 地震前兆研究家の百瀬直也による地震予知・予測・防災情報

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・前兆現象・防災など災害関連情報を提供するWebサイト&ブログ。

スポンサード リンク

【TOCANA】もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる!? 学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告!

スポンサード リンク

今日7月28日にTOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
一昨日に続いて地震関係の内容だ。
『もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる!? 学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告!』と題したもの。


7月24日未明から伊豆大島近海・伊豆半島東方沖で続いている群小地震は、大地震の前兆かどうかを検討した内容だ。
いま、多くの研究者や研究機関が、伊豆諸島や伊豆半島周辺での大地震を予測している。
それらを紹介している。


f:id:nmomose:20110312150909j:plain

トカナの記事

記事中で紹介している研究者・機関は、以下のとおり。


TOCANAの記事を読んでみてください。


tocana.jp

伊豆小笠原諸島スーパー巨大地震

これらの地震予測の中で、実際に起きたら最も恐ろしく且つインパクトが強いものといえば、やはり木村政昭氏のスーパー巨大地震(M8.5)だろう。
7/24の記事でも紹介した、Google Earthのマップの付加機能で、1901年以降のM7.0以上の大地震震源マップを再度示す。
ただし今回は、国土地理院の地図をスキンとして被せてあるので、見た目がまったく異なる。


f:id:nmomose:20160728235853j:plain


いちばん小さな黄色い丸がM7.0の地震だが、伊豆小笠原諸島に沿って過去に何度も起きていることがわかる。
私がフリーハンドで書き入れた赤色の範囲が、木村氏が2012±5年(M8.5)として予測している震源域だ。
こうして見ると、その範囲内ではまったく地震が起きていない。


つまり、「空白域」ということだ。
そのすぐ西には西之島があって、2013年の新島誕生以来活動が続いている。
それを考えると、やはりスーパー巨大地震が現実味を帯びてくる。
今後もこの周辺の地震などの状況を注視したいものだ。

参考書籍など

※木村氏の最新の研究を知るにはこの1冊。
専門知識がなくても、わかりやすい。

富士山の噴火は始まっている!

富士山の噴火は始まっている!

ポケモンGOでも大活躍。私はミニタブレットでやってます。最高。


https://www.instagram.com/p/BIYdJtShKhn/
【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'



ラドン濃度グラフ:札幌観測点
ラドン濃度グラフ:市川観測点
ラドン濃度グラフ:広島観測点
『RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集』より


Copyright (C) 2016-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email